Top > 玄蕃尾城

玄蕃尾城
HTML ConvertTime 0.043 sec.

現実の城情報 Edit

天正11年(1583年)、築城戦となった賤ヶ岳の戦いで、柴田勝家が本陣として用いた陣城が玄蕃尾城である。
勝家・秀吉がこの時築いた陣城の中でも、玄蕃尾城は規模・縄張ともに突出しており、陣城の最高傑作と評される。
戦国時代後半、織豊系城郭の特徴として曲輪を囲い込む横堀が発達し、横堀によって山城に防衛線が確立されるようになったが、玄蕃尾城はその典型例にもなっている。
賤ヶ岳の戦いは秀吉の勝利に終わり、玄蕃尾城は戦後廃城となった。現在の城跡はほぼ当時の姿を残している。


平成29年(2017年)には続日本100名城に選定された。

所在地滋賀県長浜市余呉町柳ヶ瀬・福井県敦賀市刀根
現存状態曲輪、空堀、土塁など
城郭構造山城

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/玄蕃尾城? 

お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White


テスト的に表示しています。