Top > 深沢城

深沢城
HTML ConvertTime 0.032 sec.

現実の城情報 Edit

駿東郡北部、相模・駿河・甲斐の国境近くに位置する境目の城で、後北条氏と武田氏による争奪戦が繰り広げられた城。
永禄12年(1569年)6月16日付けの北条氏康・氏政父子の書状で「深沢新地」とあることから、この年に後北条氏によって築かれたと考えられる。
当時この地域は甲相駿三国同盟を破って駿河に攻め込んだ武田信玄に対し、駿河を追われた今川氏真を擁する氏康・氏政父子が反撃し、軍事的緊張が高まっていた。
後北条氏は深沢城を武田氏に対する最前線として重視し、宿老の松田憲秀が小田原衆を率い、また氏康の義弟で玉縄城主の北条綱成が玉縄衆を率いて在城し、武田氏に備えた。


所在地静岡県御殿場市深沢
現存状態丸馬出、三日月堀など
城郭構造平山城

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/深沢城?

お名前:

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White


テスト的に表示しています。