Top > 水城

水城
HTML ConvertTime 0.044 sec.

現実の城情報 Edit

水城(みずき)は大野城に先駆け平野部に築かれた古代の城(防塁)であり、『日本書紀』では「(前略)筑紫に大堤を築きて水を貯えしむ。名を水城と日う」と天智天皇3年(664年)に記録されている。
近世までは御笠川を堰き止め水を貯める堤と認識されていたが、昭和に入り、竹内栄喜が大宰府防衛の施設であることを強く主張し、そのための外濠があると推測した。
加えて長沼賢海は東門地区の木樋*1の調査から貯水説を否定した。(出典:「水城の大樋の調査」『福岡縣史蹟名勝天然紀念物調査報告書』7 )
上記二名の主張は昭和51年(1976年)の水城発掘調査によって証明されることとなる。たしかに竹内氏が主張するように水城には土塁際に外濠が巡らされていたのだ。
通常、水城ほどの大規模な防衛線を築こうとした場合、当時の技術では2年の歳月が必要とされていた。にも拘らず約1年で築城されているため、一説では日本の築城技術を誇示する目的もあったとされている。


所在地福岡県大野城市下大利3丁目7−25
現存状態土塁、門礎石、外濠ほか
城郭構造土塁城壁(遮断城)

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照 画像を非表示

  • 大宰府防衛のほか、小郡官衙も南部に控えているから、政庁施設一帯の鉄壁って言った方が良いのかもしれない。と今更。 -- 神籠石の人? 2017-07-05 (水) 01:50:32
お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

*1 水を絶えず供給する導水管
*2 枝葉を含ませ基礎の強度を高める工法。発掘調査によって土中に敷粗朶と呼ばれる大量の枝葉が確認できたため、この工法を用いたと考えられる


テスト的に表示しています。