Top > 此隅山城

此隅山城
HTML ConvertTime 0.037 sec.

現実の城情報 Edit

但馬の守護大名である山名氏宗家の居城。山名氏は室町幕府の四職家として侍所所司を歴任した名門で、最盛期には日本六十六ヶ国のうち十一ヶ国の守護職を保持し「六分一殿」と称された。
此隅山城は文中年間(1372~1375年)に山名時義が築いたという伝承が残る。「此隅」の名称は、最澄が著した『山家学生式』の「照于一隅、此則国宝」から採用したものと考えられている。
文献上の初見は永正元年(1504年)であり、守護山名致豊と楽々前城主垣屋続成との抗争の舞台となった。
この致豊の時代に山名氏の守護所は九日市から此隅山城下の「御屋敷」に移ったと考えられ、祐豊の時代の永禄12年(1569年)に羽柴秀吉によって落城するまで使用された。
その後祐豊は天正2年(1574年)に有子山城を築き、新たな守護所とした。

所在地兵庫県豊岡市出石町宮内・袴狭
現存状態堀切、土塁など
城郭構造連郭式山城

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/此隅山城? 

お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White


テスト的に表示しています。