Top > 桑名城

桑名城
HTML ConvertTime 0.035 sec.

現実の城情報 Edit

徳川四天王の一人で「家康に過ぎたるもの」「日本第一、古今独歩の勇士」などと称された本多忠勝の居城として知られる。
桑名の地は中世以来「十楽の津」と呼ばれ、堺・博多・大湊などと並ぶ日本屈指の港湾都市として繁栄していた。
戦国時代には伊藤氏の東城、樋口氏の西城、矢部氏の三崎城の「桑名三城」を中心に城館群が築かれ、桑名の自治を守った。
このうち永正10年(1513年)に伊藤武左衛門実房が築いた東城が桑名城の起源とされ、織田信長によって伊勢が平定されると滝川一益がこの地を支配し、本能寺の変後は豊臣秀吉によって支配者が度々変わった。


所在地三重県桑名市
現存状態石垣、堀など
城郭構造梯郭式平城(水城)

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/桑名城? 

お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White


テスト的に表示しています。