Top > 松坂城

松坂城
HTML ConvertTime 0.038 sec.

現実の城情報 Edit

松坂城(まつさかじょう)は、1588年に蒲生氏郷が伊勢国飯高郡矢川庄の四五百森に築きはじめ、夜に日を継いで年内に完成させた。
氏郷が小田原征伐の後に会津へと移って行ったので、代わって服部一忠が城主となったが、豊臣秀次事件に連座して自害した。
古田重勝が新しく城主となり、1619年からは徳川頼宣の領地となって松坂藩は廃藩され、紀州藩の属領となった。
その後松坂城は当地を統括する城として城代が置かれ、以後、紀州藩領として明治維新を迎えた。
蒲生氏郷が穴太衆を使ってくみ上げた石垣は、松阪のシンボル的存在で、四季を通じて市民に親しまれている。

所在地三重県松阪市殿町
現存状態天守台、本丸、二の丸、石垣等多数残る
城郭構造梯郭式平山城

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/松坂城? 

お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White