Top > 有子山城

【sWIKI】からのお知らせ
18:50~19:30頃、サーバーの停止状態が発生致しました。詳しくはTwitterを御覧下さい。
有子山城
HTML ConvertTime 0.038 sec.

現実の城情報 Edit

永禄12年(1569年)に山名氏の本拠此隅山城が羽柴秀吉によって落城した後、天正2年(1574年)に山名祐豊が築いた。
翌年には尼子氏掃討を目的に山名氏と毛利氏の同盟、芸但和睦が成立し、有子山城は黒井城の赤井直正に攻められている。
その後も但馬は織田氏と毛利氏の境目となったが、山名氏は織田に与さなかったため、天正8年(1580年)4月に羽柴秀長による第二次但馬侵攻によって再び落城した。
有子山城は以後織豊勢力の但馬支配の拠点となり、木下昌利、前野長康らを経て文禄4年(1595年)に小出吉政が入った。


所在地兵庫県豊岡市出石町内町
現存状態竪堀、堀切、石垣など
城郭構造連郭式山城

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/有子山城? 

お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White