Top > 日出暘谷城

日出暘谷城
HTML ConvertTime 0.044 sec.

現実の城情報 Edit

豊臣秀吉の正室・北政所の兄である木下家定の三男・延俊によって築かれた、日出藩木下氏16代250年以上に渡る居城。「日出城」「暘谷城」とも呼ばれ、「暘谷城」の名は3代藩主俊長が古代中国の書『淮南子』から引用したという。
慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いの際、延俊は城代として入っていた姫路城を徳川家康に献上し、西軍の福知山城攻めなどの功もあって日出3万石に加増・転封され、日出城の築城を開始した。
築城に際しては延俊の義兄にあたる中津城主細川忠興自らが縄張を行い、忠興の家臣・穴太理右衛門が石垣を普請するなど、細川氏から多大な支援を受けた。
日出藩はその立藩から廃藩に至るまで幕府による移封も減封も行われず、2代藩主俊治の代が弟の延次に5000石を分与し2万5000石となり、木下氏の下で明治維新を迎えた。


所在地大分県速見郡日出町
現存状態移築櫓、移築門、堀、石垣など
城郭構造梯郭式平山城

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/日出暘谷城? 

お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White


テスト的に表示しています。