Top > 徳川伏見城

徳川伏見城
HTML ConvertTime 0.040 sec.

現実の城情報 Edit

豊臣秀吉が築いた木幡山伏見城が関ヶ原の戦いで全焼した後、徳川家康によって再建された第4期にあたる伏見城。
慶長7年(1602年)、藤堂高虎を普請奉行に再建が進められ、年末には家康が伏見城に入城し、翌年に家康は伏見城で征夷大将軍の宣下を受けている。かつて秀吉が居城としていた伏見城での将軍宣下は、家康が秀吉の後継者であることを知らしめる意図があったのだろう。
慶長10年(1605年)には朝鮮の使節を伏見城に迎えているが、これも秀吉による朝鮮出兵で悪化した関係の修復を、かつての秀吉の城で家康が行うということが重要だったと考えられる。
同年には徳川秀忠の征夷大将軍宣下も伏見城で行われ、大坂夏の陣で豊臣氏が滅びると伏見城の重要性は低下し、元和5年(1619年)には廃城となることが決められ、翌年から始まった大坂城再建のために伏見城の資材が転用された。
しかし元和9年(1623年)に徳川家光の征夷大将軍宣下も伏見城で行われた。すでに解体工事は始まっていたため、『徳川実紀』に「先年破壊残りの殿閣にいささか修飾して御座となす」と記されるように、残されていた本丸御殿で行われたという。その後伏見城は完全に廃城となり、天守は二条城に、櫓などの建物は福山城淀城など多くの城に移築された。


所在地京都市伏見区桃山町
現存状態石垣、堀など
城郭構造梯郭式平山城

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/徳川伏見城? 

お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White