Top > 岩屋城

岩屋城
HTML ConvertTime 0.059 sec.

現実の城情報 Edit

天文年間(1532年~1554年)に大友氏の家臣である高橋鑑種によって、宝満山城の支城として築かれたとされる。
鑑種が大友宗麟に叛き城を追われた後は、吉弘鎮種(後の高橋紹運)が城主となり高橋の姓も受け継いだ。
四天王寺山の中腹に築かれた岩屋城は、大友氏の本拠豊後を守る筑前の最前線基地であり、本丸から南に伸びる尾根には曲輪が連なり、多数の堀切や竪堀が設けられた。
このため城の南側は特に守りが堅く、虚空蔵砦・西の山砦・西の岩屋砦・百貫島砦なども構えられていた。
本丸からは城下がよく見え、太宰府天満宮や大宰府政庁跡、水城などを見渡すことができる。

所在地福岡県太宰府市浦城
現存状態土塁、堀切など
城郭構造山城

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/岩屋城?

お名前:

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White