Top > 小田城

【sWIKI】からのお知らせ
pccommentに画像を添付する機能を付けました。詳しくはTwitterを御覧下さい。
小田城
HTML ConvertTime 0.087 sec.

現実の城情報 Edit

城主の小田氏治が幾度も戦に敗れ奪われるも、そのたびに復帰したという稀有な戦歴を持つ城。
桜川沿いの湿地帯に単郭方形館として築かれた平城で、戦国時代には複雑に入り組んだ曲輪を土塁と水堀が囲み、北側の丘陵に築かれた前山城を詰城として、城下を堀と土塁で取り囲んだ総構のような外郭も備えられた。
小田城の築城時期は明らかではなく、城主の小田氏が小田を本拠とするのは初代の八田知家から、小田を名乗ることが確認できる四代時知からなど諸説ある。
小田氏の祖八田知家は、藤原北家の流れをくむ宇都宮氏と同系の氏族で、源頼朝の信任が篤く常陸守護に任じられた。
しかし鎌倉時代後半には北条氏の進出により所領が減少し、同族の宍戸氏に移っていた守護職も鎌倉時代末期頃には完全に失った。


所在地茨城県つくば市小田
現存状態曲輪、堀、土塁、虎口
城郭構造輪郭式平城

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照 画像を非表示

  • 書こう書こうと思っていたが、書いてくれた人がいたか。氏治の勝利のほとんどは軍記物がソースでどこまで正しいかは分からないけど、敗北するたびに城を奪還するという稀有な戦歴は伝わってくるな。 -- 2016-11-18 (金) 02:00:50
  • 戦国時代末期のネタが有るので土浦城とともにイベントで実装して欲しい
    ここは実際に行ってみると見渡し良すぎて素人目ではどうやって攻防したのか想像しづらい  -- 2016-11-18 (金) 19:52:28
  • 流石に減らし過ぎでは?しかも文章の方は城情報じゃないし -- 2016-12-08 (木) 04:34:43
    • ツイッターでも物言いがあったが、同じ人? おっしゃることは全くその通りではあるのだが、小田城について書こうと思うと、小田氏治の戦歴を10くらい書き連ねることになる。なので、ちょっと難しいが、書き直してみるかな。 -- 2016-12-08 (木) 10:06:02
      • というか、消された部分の歴史の項目だけなら、まともな文量なので、それに戻せばいいか。 -- 2016-12-08 (木) 10:18:13
  • とりあえずこんなもので。削れるところは削っていいと思うけど、氏治の戦歴に触れずに小田城の説明をするのは難しいので、そこはなるべくそのままで。ちなみに、元の執筆者はおそらく自身の実力で取り返すことを奪還、他者の力で取り返すことを奪回としているようだけど、そこはどっちでもいいです。 -- 2016-12-08 (木) 10:46:35
    • 乙です。城の構造なんて蛇足も蛇足だし、それを省くのはいい判断だと思う。 -- 2016-12-08 (木) 11:15:06
    • 残しておいて欲しいところは項目分けした。編集するのはオーケー。本気で書いたらもう少し長くなるし。小田城に関しては城郭構造は別にどうでもいいですね。 -- 2016-12-08 (木) 11:21:34
      • 逆に構造が大事な城ってどこなんだろう?どの城でも要らないなら削っていこうかなと。 -- 2016-12-08 (木) 11:23:27
      • 小田原城とか龍王山城とか観音寺城とか? というか、その判断が自分でできないなら、なるべく触ってもらいたくない。 -- 2016-12-08 (木) 11:26:02
      • 了解です。不要そうなのは消していくね。 -- 2016-12-08 (木) 11:31:48
      • はっきり書かないと誤解が生まれるようだけど、小田城の城郭構造がどうでもいいのは、あくまで私の感想。消したのは別の人だし、私は復活させるには至らないと判断しただけ。書きたい方がいれば、折り畳みの上で書いてください。 -- 2016-12-08 (木) 13:28:10
お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White


テスト的に表示しています。