Top > 小松城

小松城
HTML ConvertTime 0.035 sec.

現実の城情報 Edit

「北陸の関ヶ原」浅井畷の戦いで重要な役割を演じ、江戸時代には加賀藩主前田利常の隠居城となった城。
『加越闘争記』での永禄7年(1564年)の記述が初見で、天正4年(1576年)に加賀一向一揆の若林長門守が築いたとされる。
能美平野を蛇行して流れる梯川沿いの湿地帯に築かれ、河口に近いことから周囲には海水が満ちていたという。
明智光秀が『明智記』で小松を要害の地と評し、『小松軍記』が北陸無双の城と記す、自然を活かした天然の要害だった。
加賀一向一揆が織田信長に滅ぼされると小松城には村上頼勝が入り、豊臣秀吉による小田原征伐後は丹羽長重が入った。


所在地石川県小松市丸の内町
現存状態石垣、移築門など
城郭構造梯郭式平城

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/小松城? 

お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White


テスト的に表示しています。