Top > 宇佐山城

宇佐山城
HTML ConvertTime 0.040 sec.

現実の城情報 Edit

織田信長が家臣の森可成に命じ、近江国の浅井長政・越前国の朝倉義景への備えとして、同じ近江国の安土城よりも早く石垣を用いて宇佐山に築いた城。
元亀元年(1570年)には浅井・朝倉連合軍が進軍を始め、可成は寡兵ながらも奮戦したが、石山本願寺(石山御坊)の顕如の要請を受けた比叡山延暦寺の兵や浅井本隊に攻められ戦死した。(志賀の陣)
ただし宇佐山城はその後も持ち堪え、落城はしなかった。信長が後詰めに現れ戦況が長く膠着すると、和議の条件として焼き払われたとみられるが、比叡山焼き討ちの直前まで要所として機能していた。


所在地滋賀県大津市南滋賀町
現存状態曲輪、暗渠、石垣、石段、櫓台など
城郭構造山城

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/宇佐山城? 

お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White