Top > 太閤御所

【sWIKI】からのお知らせ
pccommentに画像を添付する機能を付けました。詳しくはTwitterを御覧下さい。
太閤御所
HTML ConvertTime 0.032 sec.

現実の城情報 Edit

聚楽第が破却された後、慶長2年(1597年)に豊臣秀吉が京都御所の南東に築いた城郭風邸宅。当時は「太閤御屋敷」「太閤上京屋敷」などとも呼ばれ、現代になって「京都新城」と呼ばれるようになった。
朝臣としての豊臣氏の邸宅として築かれたが、秀吉は数度使用したのみで居城にはせず、慶長3年(1598年)に死去した。
翌年に秀吉の正室である北政所(高台院)が大坂城から移り、高台院屋敷として用いられ規模は縮小された。
高台院の死後、太閤御所の敷地は後水尾上皇の御所の地に選ばれ、寛永4年(1627年)に仙洞御所が築かれた。

所在地京都府京都市上京区
現存状態仙洞御所
城郭構造平城

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/太閤御所? 

お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White


テスト的に表示しています。