Top > 大蔵古城

大蔵古城
HTML ConvertTime 0.034 sec.

城情報 Edit

別名:鷹城
仁寿元年(851年)日田郡司職となった大蔵永弘が下向し日下部氏の支配から大蔵氏となる、翌2年に築いたと云われる。
日田大蔵氏は代々日田郡司職を歴任し、大蔵永秀のときには源氏に味方して平家を滅ぼし、大蔵永信は蒙古襲来に備え、その子永基は蒙古軍との戦いで功を挙げた。その後、大友氏が豊後を支配するようになるとその被官となった。
しかし日田大蔵氏は家督争いによって滅亡し大蔵氏600年の支配が終わった。
日田氏は後に大友氏から中原永世(親満)が大蔵永包の姉を妻として養子に入って再興されたがこれも1548年(天文7年)滅亡し、日田郡は八奉行によって支配されるようになった。

所在地大分県日田市北豆田字高城
現存状態
城郭構造

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/大蔵古城? 

お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White



ホーム リロード   新規 下位ページ作成 コピー 編集 添付 一覧 最終更新 差分 バックアップ 検索   凍結 名前変更     最終更新のRSS