Top > 堀川城

堀川城
HTML ConvertTime 0.039 sec.

現実の城情報 Edit

今川義元の死後独立した徳川家康の遠州侵攻に備え、永禄11年(1568年)に今川氏方の土豪、尾藤主膳・斎藤為吉・竹田右京・山村修理らが形部城とともに築いた。気賀城とも。
堀川城は正確な場所は不明ではあるが、浜名湖の奥北岸、都田川河口の南側に位置し、満潮時には天然の水堀を持ち、干潮時にはぬかるみで人馬を寄せ付けない天然の要害であったと伝わる。
豪商・瀬戸方久は今川氏真に取り入って両城の軍事調達を請け負う代わりに自身の領地を井伊谷徳政の対象外とする安堵状を得たとされるが、方久は新田義貞の一族で、新田四郎と名を変えて、堀川城主になったともいう。
しかし、家康は小野道好(俗に政次)に井伊谷城を奪われた井伊直虎に加担し味方につけると、井伊谷三人衆を道案内として刑部城を攻め落とし、永禄12年(1569年)3月には堀川城も攻め落とした。


所在地浜松市北区細江町気賀
現存状態なし
城郭構造平城(水城)

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照 画像を非表示

  • 運営はもう少し大河に便乗すべき。 -- 2017-07-09 (日) 20:56:10
    • 同上。今日の大河観てこれ実装するべきだろって思った。 -- 2017-07-09 (日) 21:10:39
    • 井伊谷城が出たんだし、それで満足しましょ。真田丸の時も真田丸だけだったし -- 2017-07-09 (日) 21:15:14
    • 虐殺された城か。三木城や鳥取城とかのような悲劇設定になりそうだ。それか銭好きな城娘。「カーン♪」 -- 2017-09-05 (火) 00:41:11
お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White