Top > 国分城

国分城
HTML ConvertTime 0.038 sec.

現実の城情報 Edit

鹿児島県霧島市国分中央。
霧島市の中央部に広がる国分平野は、古代日本において薩摩、大隅、日向に居住していた「隼人」と呼ばれる人々の根拠地(本城)であった。
隼人は、ヤマト王権と独立か服属かをめぐって争い、城はその当時から存在していたと考えられており、曽於乃石城の名で八幡宇佐宮御託宣集に残されている。
721年に反乱が鎮圧されたのちは、国衙・国分寺などの国府機能がおかれ、大隅国の中心地としての役割を果たしていたとされる。

所在地鹿児島県霧島市国分中央
現存状態石垣、堀
城郭構造中世屋形

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/国分城? 

お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White