Top > 国分城

国分城
HTML ConvertTime 0.061 sec.

現実の城情報 Edit

鹿児島県霧島市国分中央。
霧島市の中央部に広がる国分平野は、古代日本において薩摩、大隅、日向に居住していた「隼人」と呼ばれる人々の根拠地(本城)であった。
隼人は、ヤマト王権と独立か服属かをめぐって争い、城はその当時から存在していたと考えられており、曽於乃石城の名で八幡宇佐宮御託宣集に残されている。
721年に反乱が鎮圧されたのちは、国衙・国分寺などの国府機能がおかれ、大隅国の中心地としての役割を果たしていたとされる。

所在地鹿児島県霧島市国分中央
現存状態石垣、堀
城郭構造中世屋形

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/国分城? 

お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White



ホーム リロード   新規 下位ページ作成 コピー 編集 添付 一覧 最終更新 差分 バックアップ 検索   凍結 名前変更     最終更新のRSS