Top > 古宮城

古宮城
HTML ConvertTime 0.037 sec.

現実の城情報 Edit

典型的な武田流築城術の遺構が残る、武田信玄による三河侵攻の拠点となった城。
奥三河と呼ばれる三河国北東部の山間地は田峯菅沼氏・長篠菅沼氏・作手奥平氏の「山家三方衆」が徳川家康に従っていたが、元亀2年(1571年)に信玄が侵攻すると武田氏に下り、この時に信玄が古宮城を築いたという。
三河の地誌書である『三河国二葉松』によると、信玄は馬場信房にこの城を築かせ、小幡又兵衛、甘利左右衛門、大熊備前守が在城していたという。


所在地愛知県新城市作手清岳
現存状態土塁、堀、など
城郭構造平山城

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/古宮城? 

お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White



ホーム リロード   新規 下位ページ作成 コピー 編集 添付 一覧 最終更新 差分 バックアップ 検索   凍結 名前変更     最終更新のRSS