Top > 古久留里城

古久留里城
HTML ConvertTime 0.042 sec.

現実の城情報 Edit

平将門の三男頼胤が築城したという伝承があり、記録では康正2年(1456年)に上総守護代武田信長が築城したとされ、後世の久留里城と区別して「古久留里城」や「上の城」と呼ばれる。
中世期の遺構と近世期の遺構は複雑に絡み合っており、規模や年代などは様々な見解があって定説が無いのが現状である。
天文6年(1537年)の上総武田氏の内乱の際には「久留里」と記されており、上総武田氏関係の城郭だったことは窺える。
その後、勝真勝が城主の時に里見義堯によって攻略され、久留里城が築かれることになる。

所在地千葉県君津市久留里市場
現存状態堀切
城郭構造山城

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/古久留里城? 

お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White



ホーム リロード   新規 下位ページ作成 コピー 編集 添付 一覧 最終更新 差分 バックアップ 検索   凍結 名前変更     最終更新のRSS