Top > 北畠氏館

北畠氏館
HTML ConvertTime 0.040 sec.

現実の城情報 Edit

村上源氏中院家の庶流で、戦国時代には土佐の一条氏、飛騨の姉小路氏とともに三国司に数えられた名門・北畠氏の居城。
延元元年・建武3年(1336年)、後醍醐天皇を支え南朝方として戦った北畠親房が伊勢に入って田丸城を築き、そののちに東国へと向かうことになるが、親房の三男・顕能は伊勢に残り、伊勢国司として田丸城を本拠地とした。
しかし興国3年・康永元年(1342年)に田丸城は北朝方の攻撃によって落城し、顕能は伊勢の山間部であるに多気に逃れて北畠氏館(多気御所)を築き、以後北畠氏240年に渡る居城となった。


所在地三重県津市美杉町上多気
現存状態庭園、土塁、堀など
城郭構造平城

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/北畠氏館? 

お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White