Top > 勝山御殿

勝山御殿
HTML ConvertTime 0.038 sec.

現実の城情報 Edit

幕末に長州藩の支藩である長府藩が、近代戦に対応して築いた新たな藩庁。
文久3年(1863年)5月、長州藩は馬関海峡を通過する外国船に砲撃し、翌月にフランス艦が報復の砲撃を行った。
当時長府藩の藩庁は馬関海峡に面する高台に築かれた櫛崎城(長府陣屋)に置かれており、フランス艦からの砲弾が着弾し城下にも被害が出たため、急遽内陸部へと藩庁を移転することとなった。
新たな藩庁の地に選ばれたのが、三方を山に囲まれた要害の地である勝山で、ここにはかつて大内義長が毛利元就に対して籠城戦を行った勝山城があり、その山麓に長府藩の藩庁を築くことが決定された。


所在地山口県下関市
現存状態石垣
城郭構造

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/勝山御殿? 

お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White


テスト的に表示しています。