Top > 勝尾城

勝尾城
HTML ConvertTime 0.032 sec.

現実の城情報 Edit

藤原氏の流れをくむ武藤氏の一門、少弐氏の一族である筑紫氏の居城で、九州における戦国期山城の最終段階の特徴を示す。
15世紀に渋川氏が築いたのが始まりで、明応6年(1497年)に筑紫氏が入城し、約90年間にわたる本拠地となった。
天正14年(1586年)に勝尾城は島津氏によって落城するが、筑紫広門はすぐさま奪還した後に豊臣秀吉の九州征伐軍に従い、翌年に広門は筑後上妻へと転封となり勝尾城は廃城になった。
勝尾城は本城を中心に鏡城・若山砦・鬼ヶ城・高取城・葛籠城の五つの支城からなり、居館・家臣団屋敷・寺社・町屋が城下町を形成していた。これらの遺構が非常に良好な状態で残っており、戦国当時の城下町の姿を知る上で貴重な遺跡となっている。

所在地佐賀県鳥栖市牛原町・山浦町・河内町
現存状態堀、石垣、土塁など
城郭構造山城

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/勝尾城? 

お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White


テスト的に表示しています。