Top > 八幡山城

八幡山城
HTML ConvertTime 0.056 sec.

現実の城情報 Edit

天正13年(1585年)、羽柴秀吉の紀州攻めや四国攻めの戦功により近江八幡43万石を得た秀吉の甥・秀次が標高271.9メートルの八幡山に築いた城。城郭部分・居館部分に分かれており、山頂に城郭部分が配置された。
麓には居館が設けられ、平成13年(2001年)には居館跡から金箔瓦や秀次の馬印などが発掘されている。
また、城下町は安土城より町民を移したと言われ、八幡堀の構築や楽市令の発布などが行われ、城下町が形成されていった。
築城とともに田中吉政が秀次の筆頭家老格となり、水口岡山城に中村一氏、長浜城に山内一豊、佐和山城に堀尾吉晴、竹ヶ鼻城に一柳直末が配されて城郭網が整備され、八幡山城は豊臣政権による近江支配の中心となった。


所在地滋賀県近江八幡市宮内町・舟木町・多賀町・南津田町
現存状態曲輪、石垣、空堀、犬走り、居館跡
城郭構造山城

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 近江八幡城か、八幡山城かどっちで実装されるか楽しみ -- 2017-03-20 (月) 22:16:17
お名前:

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White