Top > 亥山城

亥山城
HTML ConvertTime 0.041 sec.

現実の城情報 Edit

築城時期は不明だが、南北朝時代に堀口氏によって築かれたとされる。
その後、越前守護の斯波氏が入り、朝倉孝景が斯波氏を追い越前を平定すると、自身の一族を亥山城に置いた。
天正元年(1573年)、織田信長に敗れた朝倉義景は一乗谷城を捨て、当時の亥山城主朝倉景鏡は自領に義景を迎えた。
しかし景鏡は裏切り、義景を自害に追いやって信長に降伏し、その所領を安堵され、信鏡と改名した。
のちに信鏡は越前一向一揆との戦いで戦死し、一揆鎮圧後は金森長近が亥山城に入ったが、大野城が築かれると廃城になった。

所在地福井県大野市
現存状態
城郭構造平城

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照 画像を非表示

  • なんか編集合戦になってるけど、「のちに」は前後の事象に連続性がある場合に、「その後」は単に時間経過を示す語句でしょう。「後に」は分かりにくいので、ひらがな表記が一般的かと。 -- 2017-03-17 (金) 14:00:31
お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White


テスト的に表示しています。