Top > 中城城

中城城
HTML ConvertTime 0.067 sec.

現実の城情報 Edit

中城城(なかぐすくじょう)は15世紀の琉球王国・尚泰久王代、護佐丸の居城である。沖縄本島中部に位置する城で6つの郭からなる六連郭の構造であった。当遺跡は国の史跡、平成12年(2000年)には世界遺産に指定されている。
豪族の先中城按司(さきなかぐすくあじ)が14世紀ごろに築城したとされ、発掘調査でもそのころの築城と見ている。1440年ごろ、築城の名人・護佐丸(ござまる)が王令により座喜味城より移り、三の郭・北の郭を増築するといった拡大改修した。
しかし、阿麻和利の陰謀で護佐丸は謀反を疑われ、首里王府軍によって1458年に滅ぼされた。その後、城は王府直轄の地となり王子が居城したと伝わる。1729年には一の郭に中城間切りの番所が置かれ、1853年にはペリー艦隊の調査隊が測量図を作成した。
明治15年(1882年)には番所内に中城小学校が開設、明治41年(1908年)には町村制の実施で間切番所は中城役場となる。小学校は時代が変わると別の場所へ移転したが、役場は沖縄戦で消失するまで残った。

所在地沖縄県中頭郡中城村
現存状態城門、石垣
城郭構造連郭式山城

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/中城城? 

お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White