Top > 下赤坂城

下赤坂城
HTML ConvertTime 0.037 sec.

現実の城情報 Edit

楠木正成が拠った楠木七城の一つで、正成が後醍醐天皇に与して挙兵した際、最初に築いた城でもある。
『太平記』には下赤坂城は東側に山が続き、三方が平地の城と記されており、また上赤坂城とは区別されていない。
現在は上赤坂城が楠木城跡、下赤坂城が赤坂城跡で国史跡に指定されているが、下赤坂城は遺構がほぼ残っていない。
発掘調査では現在の楠木城誕生地に居館の遺構が発見され、ここが赤坂城だったという見方もある。
正成は元弘元年(1331年)、鎌倉幕府の大軍を相手に下赤坂城で籠城するものの落城、その後元弘2年(1332年)に再び下赤坂城で挙兵したが落城し、上赤坂城、千早城に移って籠城戦を続けた。

所在地大阪府南河内郡千早赤阪村森屋
現存状態なし
城郭構造山城

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/下赤坂城? 

お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White