Top > 三岳城

三岳城
HTML ConvertTime 0.032 sec.

現実の城情報 Edit

南北朝時代、井伊道政が標高467メートルの三岳山に築いたとされ、井伊谷城に対する詰めの城である。
三岳城は井伊城とも称されるが、井伊谷城も同様に井伊城と称されることがあり、史料読解を難解にしている。
道政は後醍醐天皇の皇子・宗良親王を擁して北朝方の高師泰・仁木義長らと戦ったが、暦応3年(1340年)には三岳城を攻め落とされ、大平城に逃れた。
永正11年(1514年)、曳馬城主・大河内貞綱が斯波義達と結託し今川氏親に謀反を起こすと、井伊直盛も呼応して三岳城に籠城したが、奥山城に逃れたのちに降伏した。
三岳城は山頂にある本丸は幾重にも土塁が廻らされ、東に少し下がった平地に二の丸を置き、三の丸はこの間を下った中腹の三岳神社がある場所に置かれた。

所在地静岡県浜松市北区引佐町三岳
現存状態曲輪、石垣、土塁、横堀
城郭構造山城

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/三岳城? 

お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White


テスト的に表示しています。