Top > 三ツ寺

三ツ寺
HTML ConvertTime 0.033 sec.

現実の城情報 Edit

昭和56年(1981年)、全国で初めての古墳時代の豪族居館としての発掘調査で発見された。
方形の館を堀で囲むという構造は中世の館城の基本形で、一乗谷城の麓の朝倉氏館などが伝統を引き継ぐものといえる。
三ツ寺遺跡の防御施設には広い堀、石積、柵列、横矢掛けなどの特徴があり、戦国時代に発達した技術が用いられていた。
かつては古墳時代の豪族居館のことはほとんどわかっていなかったが、三ツ寺遺跡の発見がきっかけとなって研究が進み、各地で発掘調査が行われるようになった。

所在地群馬県高崎市三ツ寺町
現存状態現在は新幹線の高架下に埋め戻され、遺構自体を見ることはできない
城郭構造古代豪族居館

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/三ツ寺? 

お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White