Top > ヴィッテンベルク城

ヴィッテンベルク城
HTML ConvertTime 0.064 sec.

現実の城情報 Edit

マルティン・ルターによる宗教改革の中心地となったことで知られる、ザクセン選帝侯領ヴィッテンベルク市に築かれた城塞。
ヴィッテンベルクの歴史は12世紀に遡り、アスカーニエン家のブランデンブルク辺境伯アルブレヒト熊伯が東方植民の拠点としたのが史料上の初見で、1187年の教会に関する文書でヴィッテンベルクの名が確認できる。エルベ川の渡し場との関係で語られることもあり、対岸の村プラタウは965年あるいは1004年の史料に現れている。
アスカーニエン家はアルブレヒト2世が所領分割によってこの地を支配領域としてザクセン=ヴィッテンベルク領を興し、ヴィッテンベルク城を居城とした。この領域がのちのザクセン公国の基礎となる。
アルブレヒト2世はヴィッテンベルクに都市法を施行し、市壁で囲まれた都市はエルベ川沿いの街道が交差する要衝として発展していった。しかし1422年にアスカーニエン家は断絶し、マイセン辺境伯だったヴェッティン家のフリードリヒ1世がザクセン=ヴィッテンベルク公位を与えられてザクセン選帝侯となり、ヴィッテンベルクを支配した。
その後ヴィッテンベルク城は選帝侯の居城としては用いられなかったが、1486年になるとザクセン選帝侯フリードリヒ3世賢公がヴィッテンベルク城を居城とし、1490年に荒廃していた城の改修を開始した。1525年に完成したヴィッテンベルク城はコンラート・プフリューゲルによってルネサンス様式の城郭に改修され、その変化は純軍事的なブルクから政治的機能や景観も重視したシュロスへの転換の一例ともされる。


所在地ドイツ、ザクセン=アンハルト州ヴィッテンベルク郡ルターシュタット・ヴィッテンベルク
現存状態城付属聖堂、城塔など
城郭構造平城

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/ヴィッテンベルク城? 

お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White



ホーム リロード   新規 下位ページ作成 コピー 編集 添付 一覧 最終更新 差分 バックアップ 検索   凍結 名前変更     最終更新のRSS