Top > ルメリ・ヒサル

ルメリ・ヒサル
HTML ConvertTime 0.048 sec.

現実の城情報 Edit

オスマン帝国スルタンのメフメト2世が、東ローマ帝国の都コンスタンティノープルを攻略するために築いた要塞で、「ローマの城」を意味する。
オスマン帝国によるコンスタンティノープル攻略の拠点としては、14世紀末にボスポラス海峡のアジア側にアナドル・ヒサル(アナトリアの城)が築かれていたが、メフメト2世はより圧力を強めるため、ヨーロッパ側にも拠点を築くことを決定した。
築城は1452年4月に開始され、メフメト2世が三人の大臣に城塔の建設を委ね互いに競争させたことで、わずか4ヶ月という短期間で要塞が完成した。当時この要塞はボアズ・ケセンと呼ばれており、後にルメリ・ヒサルと改名された。


所在地トルコ、イスタンブール県イスタンブール市サルイエル地区
現存状態城塔、城壁など
城郭構造丘城

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/ルメリ・ヒサル? 

お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White


テスト的に表示しています。