Top > ラーフェンスブルク城

ラーフェンスブルク城
HTML ConvertTime 0.046 sec.

現実の城情報 Edit

南ドイツのボーデン湖畔、フリードリヒスハーフェンから北に約20キロメートルの地点に位置する、中世南ドイツ有数の商業都市ラーフェンスブルクに築かれた城。新ヴェルフェン家(ヴェルフェン=エステ家)の居城であり、中世のドイツ諸侯のなかでも特に強勢を誇ったハインリヒ獅子公生誕の地ともされる。
古ヴェルフェン家が断絶するとヴェルフ4世が新系統のヴェルフェン家を興し、1088年にラーフェンスブルク城を築いてシュヴァーベンやバイエルンのヴェルフェン家領の支配拠点とした。
ヴェルフ4世は叙任権闘争で神聖ローマ皇帝ハインリヒ4世とローマ教皇が対立した際には教皇派につき、そのためにハインリヒ4世によって所領を没収された。この時シュヴァーベンがビューレン伯フリードリヒに与えられ、シュタウフェン城を築きシュタウフェン家を名乗ったこの家門は、ヴェルフェン家と激しく対立することになる。
その後ヴェルフ4世は子のヴェルフ5世をカノッサ城のトスカーナ女伯マティルダに嫁がせ、イタリアにおける勢力基盤の確保を図った。しかし1095年にヴェルフ5世はマティルダと離婚し、1096年にはヴェルフ4世はハインリヒ4世と和解しバイエルン大公に復帰している。
ヴェルフ4世の跡を継いだヴェルフ5世が死去すると、その弟であるハインリヒ9世黒公が跡を継ぎ、彼の娘ユーディトがシュヴァーベン大公フリードリヒ2世独眼公に嫁いだことで、ヴェルフェン家とシュタウフェン家は密接な婚姻関係を築くことになる。しかしハインリヒ黒公の子ハインリヒ10世傲岸公は神聖ローマ皇帝ハインリヒ5世の死によりザリエル朝が断絶した際、王位継承者をめぐってシュタウフェン家と対立することとなった。


所在地ドイツ、バーデン=ヴュルテンベルク州ラーフェンスブルク
現存状態望楼など
城郭構造山城

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/ラーフェンスブルク城? 

お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White



ホーム リロード   新規 下位ページ作成 コピー 編集 添付 一覧 最終更新 差分 バックアップ 検索   凍結 名前変更     最終更新のRSS