Top > パレンケ

【sWIKI】からのお知らせ
12日夕方ごろ、サーバーの応答が悪い状況が発生致しました。詳しくはTwitterを御覧下さい。
パレンケ
HTML ConvertTime 0.039 sec.

現実の城情報 Edit

パレンケはメキシコ合衆国の遺跡でユネスコ世界遺産に登録されており、東の芸術都市がコパンならば西はパレンケといわれるほどの大都市であった。
マヤ文明の地図からすると西端にあたり、チアパス高地山腹の丘陵上に立地する。「パレンケ」の名はスペイン人が命名した地名の一部を抜き取って付けられたもので「柵」を意味する。
本来の名前はマヤ文字の解読から求めることができ、古典期のマヤ人からは「ラカム・ハ(大いなる水)」と呼ばれていたようだ。遺跡に聳え立つ神殿ピラミッドからはメキシコ湾岸低地を一望できる。
都市としては大変栄えていたようで、王宮内の宮殿を中心に、穴の開いた屋根飾りや傾斜のある屋根をもった建物が立ち並ぶ。王や貴族の人物像をはじめとする建物の外壁を飾る漆喰の浮彫が美しい。
コパンやティカルのような大きな石碑はないが、石板や壁にいつくかの碑文が確認できる。大いなる水の都市だけあり近くの小川の水を石造りの水路を通して街に引いていた。今でもマヤ・アーチに絶えず流れている。


所在地メキシコ合衆国
現存状態神殿ピラミッド、広場、十字の神殿、王宮
城郭構造都市

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/パレンケ? 

お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White