Top > ガイヤール城

ガイヤール城
HTML ConvertTime 0.429 sec.

城娘ステータス: ステータス一覧 | | | | | 投剣 | | 石弓 | 鉄砲 | 大砲 | 歌舞 | 法術 | | || 平属性 | 平山属性 | 山属性 | 水属性
装備品: | | | | | 投剣 | | 石弓 | 鉄砲 | 大砲 | 歌舞 | 法術 | | || 施設 || 消耗品 |
城娘: 特技 | 計略 | 都道府県別 | 令制国別 | 画像で一覧: 図鑑 | 全身 | 御嬢 | 特技 | 大破 | ドット絵 | 装備 | 計略 |


ガイヤール城(がいやーるじょう)
ガイヤール城S.pngガイヤール城.png図鑑No.177
レア5
城属性平山.png
令制国フランス
武器属性
最大レベル110
実装日2016年11月22日
合戦
初期配置/最大値巨大化4回/最大値
消費気13消費気*1119
耐久1959/3967耐久3526/7140
攻撃72/281攻撃118/460
防御101/350防御169/588
範囲90/90範囲140/140
回復10/32回復10/32
特技
[無印] /攻撃強化・弐自身の攻撃力が27%上昇
[改壱] / 獅子の心自身の攻撃が30%、攻撃速度が10%上昇
計略
[無印] / 獅子の咆哮(使用まで50秒:消費気5)範囲内の敵に攻撃の1倍のダメージを与え
30秒間攻撃を20%低下させる(範囲:大[200])
[改壱] / 獅子の咆哮(使用まで50秒:消費気5)
図鑑文章
我が名はガイヤール城。
フランスと呼ばれる異国の城娘である。
首都ルーアンの防御を目的として、獅子心王と
称されたリチャード1世によって築かれたのだ。
セーヌ川を眼下に見渡す崖の上に
建っていたこともあり、堅固な城塞としても
名を馳せていたのだぞ!
……なに?フランス王フィリップ2世に
陥落された後は廃城になっているじゃないか、
だと?な、なぜそれを知っている?
……まったく、意外と王は物知りみたいだな。
築城04:20:00
神社招城儀式
  レア巨大
化数
消費気初期配置巨大化
基本強化合計耐久攻撃防御範囲回復耐久攻撃防御範囲回復
無印54131061191959/396772/281101/35090/9010/323526/7140118/460169/588140/14010/32
改壱65121281402049/423875/302105/37890/9010/334098/8476135/543194/699153/15310/33

ゲーム上の性能・評価 Edit

  • 性能
    初実装から三人目の、平山属性としては初の盾城娘。各種ステータスがバランス良く伸び、ある意味平山属性らしい平均的な性能を持つ。
    防御のサンタンジェロ城に対し、こちらの特技は攻撃増加。
    最大化時の基礎攻撃は☆4刀を上回る。しかし武器種の関係上、最終的な総合火力は刀以下に収まるので過信は禁物。
    地形一致によるステータス上昇、または会津若松城小田原城宇和島城の特技、盛岡城の計略バフなどで防御面を補うと安定性が増す。
  • 計略「獅子の咆哮」
    攻撃低下付きのダメージ計略だが、火力は等倍なのでダメージ効果はあくまでおまけ。
    その本領は30秒間という長期にわたり、敵の攻撃を大幅に(20%)下げる点にある。
    よって攻撃範囲は広めなのだが、一般的なダメージ計略のように敵集団を一掃するのには向かない。
     
    大将兜のような一撃が重い敵の攻撃を抑えることで、味方へのダメージを減少させるのが主な活用法となる。
    特に高難易度では敵の攻撃は4桁に達することもあり、城娘の防御を上げるよりも遥かに被ダメージを抑えることができる。
    ガイヤール城本体用に使うのはもちろん、後衛が遠距離攻撃を受ける際の保護や、序盤における敵攻撃ラッシュの被害抑制にも有効。
    ただ大坂城菩提山城のようなトークン型デバフとは違い、攻撃を受けて消滅しないが、CTは60秒と連発することはできない。
    そのため発動タイミングを見極める必要があり、「獅子の咆哮」という勇ましさとは裏腹に、玄人好みのトリッキーな計略である。
  • 改築
    特技が「獅子の心」に変更。消費気-1に加え、巨大化回数も増加する。
    これまたサンタンジェロと城は逆に火力30%、速度が10%アップという攻撃重視のバフを得た。
    効果自体は非常に大きいが、あくまでも盾なので目覚ましい変化はなく、純粋強化に収まっている。
    とはいえ攻撃速度は刀には及ばないというだけで、殲滅力不足の盾としては攻撃回数が増やせるのは強みとなる。
     
    最大化前提で運用するなら、尾山城伊予松山城などと組ませ、盾の欠点である殲滅力や場持ちの隙を埋めたい。
    本来なら頻繁な撤退・再配置も視野に入る盾だが、ガイヤール改壱の場合は移動を前提としない戦術が組みやすい。
    侵攻ルートと味方の援護次第では「ボスも雑魚も任せたい」と欲張ることも不可能ではない。
    装備は範囲を伸ばせる「真・シュテファンの闘盾」や、攻撃の高さを活かせる「幻想聖盾」などが好相性である。
  • 性能の変遷
    • 2018年01年16日:計略の使用可能までの待機時間を60秒から50秒に変更
  • 性能の変遷
    • 2018年01月16日、メンテナンスにてステータスの上方修正
      • 特技:25→27%

キャラクターボイス Edit

CV担当:河井晴菜

 ←クリックすると台詞一覧が表示されます。

画像 Edit

イラストレーター:

ガイヤール城 入手.jpg
入手
 ←クリックすると御嬢、城娘画像が表示されます。見たくない人はクリックしないで下さい。

改壱 Edit

 ←クリックすると御嬢、城娘画像が表示されます。見たくない人はクリックしないで下さい。

現実の城情報 Edit

イングランド王国・フランス王国両勢力の緩衝地帯にあたるフランスのヴェクサン地方に、イングランド王リチャード1世獅子心王によって1196年から翌年にかけて建造された。
ガイヤール城からはセーヌ川の石灰岩質の崖の上で地域全体を見渡すことができ、その位置は難攻不落であると考えられていた。
フランス艦隊がセーヌ川を下るのを阻止するため、川床に3列の杭が打ち込まれた。さらに川の中洲にも城が築かれ、中洲と接続するプティタンドリの城壁街とともに防御線を形成した。
建造が完了した1197年、リチャード獅子心王は「私の1歳の娘はなんと美しいことか!」と言ったとされる。


所在地オート=ノルマンディー地域圏ウール県アンドリ郡レ=ザンドリ、フランス
現存状態城壁
城郭構造集中構造


コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照 画像を非表示

  • おお、築城でガイヤールちゃん来た。久しぶりの4時間超え。 -- 2018-02-09 (金) 23:19:49
  • 丹波で猿を堰き止めたりヌンチャク受けしたりデバフ支援したりで活躍したで -- 2018-04-21 (土) 09:20:57
    • 高火力はデバフか硬さで対抗するしかないから今回はガイヤが計略も含めて刺さってたな -- 2018-04-21 (土) 09:30:49
  • ガイヤールじょうの なきごえ! かぶとの こうげきが さがった! -- 2018-06-06 (水) 00:18:44
  • 武神相手に使うと下がり幅がやべぇ、毛利潰せたのは貴女のお陰だ、ありがとう! -- ? 2018-07-05 (木) 13:50:01
  • お城太もも四天王の一人 -- 2018-07-10 (火) 17:54:34
  • 配置後の「時は来た」の後にどうしても「それだけだ」って続けたくなる -- 2018-07-11 (水) 22:44:11
    • 後ろで必死に笑いをこらえるサンタンジェロ城 -- 2018-08-08 (水) 08:08:56
  • おはようの化身 -- 2018-08-22 (水) 11:10:34
  • 最近来たので使ってみた。巨大化する時「YO-waI、弱すぎるぞ!!」にビビってしまい使い続けるか審議中w -- 2018-10-15 (月) 07:13:50
    • そのライオンっぽいアホっぽさがいいんだろうがいい加減にしろ! -- 2018-10-16 (火) 09:15:04
  • が、ガオガイヤール城… -- 2018-10-15 (月) 10:40:11
  • 獅子の咆哮と聞いて、獅子穿吼を思い出す -- 2018-10-15 (月) 20:38:29
    • 属性は元でしたっけ? -- 2018-10-15 (月) 20:40:13
      • 間違えた。これは点穴縛態だった。 -- エターニア? 2018-10-15 (月) 20:45:12
    • 響良牙の獅子咆哮弾のほうもかな -- 2018-10-15 (月) 20:56:07
    • 複合Uアタックで獅吼爆炎陣を出さなきゃ…。(シンフォニア脳) -- 2018-10-15 (月) 21:44:38
お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

議論板 Edit

 ←議論板 性能や編集についてツリーが伸びたり誘導されたりした場合はこちらを利用してください。

*1 基本消費気を含みます
*2 J・E・カウフマン/H・W・カウフマン共著、ロバート・M・ジャーガ作図