Top > カルルシュテイン城

カルルシュテイン城
HTML ConvertTime 0.033 sec.

現実の城情報 Edit

神聖ローマ皇帝カール4世として知られるベーメン王カレル1世が自身の名を冠した、チェコを代表する城塞。
1348年に主要街道の防御と神聖ローマ帝国の宝物や聖遺物の保管を目的に築かれ、1357年に主要部分が完成した。
プラハの南西約30キロメートルの岩山上に位置し、礼拝堂・宝物庫として用いられた「大城塔」を頂点に、「聖マリア小塔」、皇帝が居住した「皇帝の城」、皇帝不在時に用いた「城伯の城」が、その重要度に応じて段階的に配置されている。
1419年に始まったフス戦争ではフス派に包囲されるが撃退し、16世紀にはルネサンス様式に改築された。しかし軍事技術の発展に伴って防備は不十分なものとなり、1618年に始まる三十年戦争の際に宝物などはプラハ城に移された。
三十年戦争でスウェーデン軍に占領され荒廃したが1887年~1905年に復興事業が進められ、築城当時の姿が再現された。

所在地チェコ、中欧ボヘミア州ベロウン郡カルルシュテイン
現存状態復興建築物
城郭構造山城

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/カルルシュテイン城? 

お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White


テスト的に表示しています。