Top > エイドン城

エイドン城
HTML ConvertTime 0.032 sec.

現実の城情報 Edit

イングランド北部ノーサンバーランドのエイドン村、コー・バーン川に沿って建つ城。城というよりは砦の機能を持った館といったほうが正しい。
もともとは1296年にサフォークの豪商レイムス(Reymes)氏がこの地に荘園の管理のために建てたマナーハウスであった。
しかし、ハドリアヌスの長城からも程近いこの地はイングランドとスコットランドの係争地でもあり、幾度となく戦火に巻き込まれ、以後50年間に渡り何段階も要塞化が進められることとなる。
両国間の衝突が収まった17世紀からは農場として使われていたが、1966年にイングリッシュ・ヘリテイジの所有となり元の中世城館の姿に復元されている。
その主構造は3つの中庭の周囲に小さな包囲型の城が建てられ、城としては単純な単郭式+城館のシンプルな構成のマナーハウスではあるものの、1415年には城として一覧表に記載された。

所在地イングランド、ノーサンバーランド、エイドン
現存状態城壁、城館
城郭構造単郭式(マナーハウス)

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/エイドン城? 

お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White


テスト的に表示しています。